スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 第09話 「穂積」

エッチでヒゲなおじ様こと穂積輝夫が特に大活躍しなかった回。
見所はゴンドラ大炎上。
おおっと、はやみが穂積家にころがりこんだーーー!

村の子供達(といっても18歳以上の設定なのだろうけど)ははやみのことを受け入れつつあったが、大人の中には小日向家という括りでしか捉えようとしないため未だに村八分な姿勢を崩さない人たちがいた。
ゆいの取り巻きの男たちの父親と思われるのがそれで今回はやみの住むゴンドラを焼き討ちした。
火柱を上げ燃え上がるゴンドラ。まさに大炎上。

そうして住むところを失ったはやみを受け入れたのが穂積家ではあるが、おじさんは小日向家をどう思っているのかはついぞ語られないまま。
村の集まりでもおじさんは発言しないし、すこし期待ハズレ。
一方で村長の発言の方が意外。
何故その発言に至るのかという経緯が全く描かれていないように思うのだけど、あったっけ?
ダホマのときはK-1の活躍がきっかけになった様子が描かれてたでしょ(一応注:ひぐらし)

琢磨の過去に触れ、ショックを受けるはやみ。
琢磨の心に触れられない自分に涙するほたる。
「心は、伝わっていますよ・・・」と仮面で表情を覆うほたるの姿が切ない。
今夜月の見える丘にて君を待つという伝言を受け走るはやみ。
村長の横を通ったときに村長がつぶやいた因果応報とはだれに向けられたものなのか。

丘の上で、告白する琢磨。
「僕、好きとか告白とかよくわからないけど、傍にいて欲しい。もっと僕のこと知ってほしいって。だめかな?」
そして受け入れるはやみ。
「いいよ・・・。」
満月を背景に口付けをする二人。綺麗な終わり方だった。

今回を振り返ってみるとゆいちゃんがピエロすぎて哀れ。
「は、話があるなら後で校舎裏で聞くからちゃんと呼び出しなさいっ!」
もてあそばれた可哀想な子ってひでぇ。
「それにしても弘瀬の奴遅いわね。もう祭り当日だって言うのに。」
レゾンデートルであるツインテールまで解いたというのにこの扱い。
製作者の悪意にも似た好意を感じざるをえないw

H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-
スポンサーサイト

テーマ : H2O - ジャンル : アニメ・コミック

H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 第08話 「音羽」

冒頭、妹としてはやみとほたるが登場。
血の繫がらない妹が二人。一人は貧乳。一人は痴女。
母親はおっさんで化け物。
琢磨の闘争本能に火をつけてしまう。アグリッパもビックリだ。
また、転校生とは出会いがしらに衝突。
お約束といいつつもトーストを加えてないのには不満がある。
で、琢磨ちゃんと呼ぶ幼馴染の子。性別はブラインドネスエフェクト発動w
気合の入ったパロで魅せてくれた。

「ちょっと苗字が違ってて、血が繫がってなくて、同じ戸籍じゃないだけなのに!」
「実は音羽さんは弘瀬くんの許嫁なんです。だから席は新しくしないで、弘瀬くんのお膝の上でいいわね。」
「日本全土を農地化、自給率100パーセントにして、国家支配を目論む農業魔法少女がいると…。」
「アブラハリコラヤーラッハ、イナサクハタサクニモウサク!どっせーい!」
もう、やりたい放題の展開で激しく笑った。
ここまで脱線するのかってカンジで。

農業魔法少女マジカルカルファーマーゆいVS魔法美少女マジカルおとは
この戦いはなんともやっつけだったw
「有機栽培108式農業魔法」
「第一次産業クラッシュ!」
「減反政策ダイナミック!」
「ひでぶー!フルボッコにされましたー!!!」
マジカルおとはの変身シーンとか全裸で飛んでいくゆいとか無駄にエロかった。
ごっつあんです。

パロかと思えばしっかりと本筋に落とす。
琢磨の意志の強さと音羽の優しさを強く印象付けられた。
音羽は時の音の精霊としての役割を果たして退場。
今後の展開がどうなるのか。
とりあえず次週はHでHIGEなOJISAMAということで。
はぁ、全然読めないっすw

H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 限定版 第3巻 [DVD]

続きを読む »

テーマ : H2O - ジャンル : アニメ・コミック

H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 第07話 「ほたる」

俺がお前で、お前が俺で。
ひなたの過去が審らかとなった。
なるへそ、思ったとおり、まるっとお見通しだったぜ!
という嘘はおいておいて、すっきりした。

冒頭は周りと打ち解け始めたはやみを描く。
印象的だったのはゆいが浴衣を手伝えというシーン。
ゴキブリと呼ぶのをやめ、ついには小日向と名前を呼んだ。
名前ってのは大切なものだから。同時にどう呼ぶかは難しい問題でもあるけど。
OPからはやみがぼっこぼこにされる物語なのかなと思っていたがそうじゃなくてよかった。
ええ話じゃないですか。
はやみのツインテールが続いているのはちょっとゆいのアイデンティティを奪うようでやめたほうがいいんじゃないかとも思うけどね。

で、今回の主役ひなたと音羽。
ほたるがひなたでひなたが音羽で。
神楽家の長女はひなた、次女はほたる。
ある日ひなたは死んでしまう。
ひなたは良い子、ほたるはダメな子で通っていたので生き残ったほたるに対し、ひなたとしていきるよう神楽家一同。
そしてほたるはひなたになりましたとさ。
アイデンテティ云々でいえばこちらは本当に問題。
老人はひどいことをする。

音羽は約束の人にしか見えない時の音の妖精。
それは幼き日のほたるが書いた絵本に出てくる妖精だった。
約束の人と音羽は協力して村人を仲良くさせる。
その役目を終えると妖精界へ去っていく。
今話で消えちゃうのかなとも思ったけどまだ現界。
はて、いつなにがタイムリミットなのか。

飴玉もできないと思い込んでるだけという発言も全て真ひなた発。
さらに死してなお時の音の妖精として働くできた姉。
ほたるが自分の名前を取り戻したあと音羽も自分の名前を取り戻すのだろうか。
ぜひ戻してあげて欲しいと思う。

H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 限定版 第2巻

テーマ : H2O - ジャンル : アニメ・コミック

H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 第06話 「ゆい」

なぜはやみが嫌われているかが明らかになる回。
嫌われ方からして部落問題かと思いきやむしろ名家。
小日向家は権力を振りかざして村人から搾取し、苦しめてきたらしい。
それで神楽家を中心とした焼き討ち部隊に制裁を受け、離散。
はやみ一人が村に残っているということだ。

ゆいがゴキブリとまで呼ぶ理由は小日向家がおじいさんを見殺しにしたと思っているから。
無作為の殺人というやつか。
一方、はやみが何を言われても言われるがままなのは小日向家が村人にひどいことをした責任を感じているから。
「私にできるのは、あなたたちの憎しみを受けることだけ。それだけ・・・。」

冒頭、いきなりはやみと日向の急接近。
玉子焼きを蹴り飛ばすゆいと対照的。
放課後は現小日向ホーム、ゴンドラハウスへ。
ゴンドラハウスを見てオンボロという感想は正直ひどいw
その後、水道代0円の天然大浴場にご案内。節約の女はやみ。
勝手知ったる琢磨に対して日向が妄想を膨らませるとはやみが辛辣に弁明。

「だ、だれがこんな変態なんかと!」

これもひどいw

「あなたも注意しなさいよ。ああなくせに、平気で変なところを触ったりするから。」
「えっ?そ、そういえば私も・・・。」

いやいや、変なところを触ったり触らせようとしてたのは日向の方だったじゃん!と。
ビッチが一週で貞淑なレディに変ったような違和感があった。

街のシーンではなんだかんだで楽しくやっている村人達。
なぜかツインテールのはやみ。
アイキャッチの「ツインテールはわたしだけよ!」とキレてるゆいが面白い。
高原のささやき早食い勝負とか、パンチングマシーンで勝負とか意味不明だったけど。
というかゆいの218だって十分すごいのですが。
はやみの350は異常w
その後、旧小日向家跡地でゆいとはやみが本音でぶつかって、少し関係が改善された・・・んだよね?
冒頭で蹴飛ばした玉子焼きがあったが、給食の玉子焼きを渡して借りを返す律儀なゆいちゃんであった。

途中、音羽が出てきて「それにそろそろ時間だし。」という意味深発言。
一話の単位が「刻」(タイトルは第六刻「ゆい」)でやってるのが関係してるんだろうけど。
そろそろ物語が大きく動きだしそう。

H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 限定版 第4巻
DVD限定版の四巻ジャケットがゆい。
限定版予約についてくるポスターのゆいが素敵かも。
詳細は「沢衣村だより」にて。
H2Oお楽しみディスクのスクリーンセイバーが( ゚Д゚)ホスィ。

テーマ : H2O - ジャンル : アニメ・コミック

H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 第05話 「神楽」

原作未プレイ。
積みゲーとなっている作品。
最初にH2Oはヒロイン三人の名前の頭文字で構成されている。
はやみ、はまじ、音羽。
と最初に紹介されて信じていた。
ひなたはビッチだなと思っていたし。

でも、はまじが第04話で男の子だと知った先週。
まさかのやおいヒロイン?とも思った。
だってあまりにひなたがビッチだったから。

そんなビッチイメージを払拭し、メインヒロインははまじじゃなくてひなたなんだと確認できた回。
神楽家発展のために弘瀬家と縁組しようとたくらむ神楽爺。
弘瀬家が日本の中枢とつながってるとかまじっすか?
だから弘瀬「様」なわけね。
神楽爺のうっかり弘瀬様発言には不覚にもワロタ。
しかし、とても裕福な家庭には見えなかった。
居候先のおっさんがユニークすぎるのだろうか。

ひなたには死んだ妹のほたるがいるということだが、音羽がひなたでひなたがほたるでってパターンじゃねぇの?
音羽が琢磨にしか視えないのは亡霊だからで。

はやみのオシャレなバス暮らしを知り、そのハイカラさに悔しさで涙するひなた(嘘)。
鬼がいるからと決して踏み入れなかったはやみの暮らしの現状を知り、ごめんなさいと誤るひなた。
はやみとひなたの雪解けはええシーンだった。
それを導いた琢磨は昨今のエロゲ主人公にない力強さをもっていていい感じ。

H2O~FOOTPRINTS IN SAND~ 限定版 第1巻

テーマ : H2O - ジャンル : アニメ・コミック

| TOP |

プロフィール

七崎ゾロ

Author:七崎ゾロ
アニメとゲームが大好き。
でも隠れオタク。
なんかいいのがあったら教えてちょ。
リンクフリー。
コンタクトはお気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

(PS2)君ある応援コーナー

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。