スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料 第10話 「狼と渦巻く陰謀」

妖精ノーラ大人気。彼女に肩入れする商人は多いようで。
ただ、教会からの評判は悪いようで。
まあ、魔女とか言われてるし。魔女裁判とかするのか?

ホロとロレンスのやりとりで和みムードの前半。
信用買いで買い付けた武具で倍の倍、つまり4倍の利益を思い描いていた。
ちょっと楽天的なロレンスが印象的。

武具の値段を50とすると25で売るように持ち掛ける。
自分の資産では2つまでし買えないが信用買いで4つ買う。
半額で買い付けているので一つ50以上で売れれば利益は2倍。
信用買いしているのでさらに倍、ドン。

だが先に待っていたのは悲劇。
ラトペアロン商会からレメリオ商会への債権譲渡。

ラトペアロン商会は大暴落した武具を手放せて、ホクホク。
レメリオ商会はロレンスを型にはめることで利益を得るのだろう。
ロレンスは大量に買い付けた武具が大暴落しているため、まさかの借金地獄。
役人が笑ったのってこういうことか、さすが役人だな。

47リュミオーネ金貨ってメチャクチャ大金。
長距離貿易用の船を10年漕ぐとかどんだけ。

とりあえず金策で方々に借金の申し出をしに行くロレンス。
行く先々で断られ意気消沈。
水をかけられるとか…(´;ω;`)ウッ…
「なんでだ?なんであんな取引しちまったんだ!バカヤロー!」
哀れロレンス、視野狭窄に陥る。

そしてトドメ。
「久しぶりだね、ロレンスさん。」
「お久しぶりです。市場がしまった後で恐縮なのですが折り入って頼みたいことが…。」
「あちこちで申し込んでいるらしいじゃないか。武具の暴落が原因かな?」
「はい、私の見通しの甘さから失敗してしまいまして…。」
「見通しの甘さ?ま、それもあっただろうね。しかしまあ、商品の暴落など、神でなければ予測はできない。それを頭から攻めるのは酷というものだ。ロレンスさんには何度か儲けさせてもらってもいるし、お困りとあらば多少力になれなくもないと思ってましたよ。」
「では…。」
「だがあなたは神の教えの元に正しく生き、相手に誠意を見せように生きようとする態度が見られない!」
「あ、あの…それはどういう?」
「他人の情けで金を借りようというときに女連れで歩くとは!馬鹿にするのもいいかげんにしたまえ!」
ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン !!

なんでなんだと頭を抱えフラフラと彷徨うロレンス。
ホロに辛く当たったあとの自己嫌悪とかすごいんだろうな。
不意打ち気味にリアルに怖いストーリー。
なんというファンタジー。
俺は絶対に先物取引はしないと心に決めた。

狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫)

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 狼と香辛料 - ジャンル : アニメ・コミック

君が主で執事が俺で 第09話 「小さな英雄」

未有ルートの展開。
露出の多さが未有の売り。
DVDでどれだけの修正が入るのだろうか。

予定のないご主人に何も言わず仕える錬。
「今日の予定は?」
「はい、自宅警備となっております。」
他、インターネットで情報収集、家で英気を養うなど。

主と使用人の間柄だと裸を見せても関係ないという上流階級を装った痴女理論。
だったら俺も執事になりたい、セレブの。

腕枕をやってみたかったという未有の提案で鳩ねぇと未有と錬で川の字。
幼女に悪戯をするピー○君よろしく眠れる未有の突起をつんつんした錬。
すると「このロリコンどもめ!」のベアード様よろしく鳩ねぇ覚醒。
「あらあら、何をやっているんですか錬ちゃん。」
能面のような笑みを貼り付けて。
「魔が差したんですか~もう、しょうがないですねやんちゃさん。」
その和やかさは恐怖を増幅させる演出。
「それで済んだら刑法いらねぇだろうが、あぁん?恥を知りなさい錬!」
震え上がる錬、完成。
このやりとり好きだわ。

久しぶりのデニーロ登場は炊飯器レイプ。
「炊飯器などレイプしてくれるわー!」というクラウザーさんを彷彿させた。
騒ぐ錬とデニーロに対し、お仕置きを結構する未有。
手にもつのはネギ。まさかと思いきや「ミユミユにしてあげるー」。
名前とツインテールつながりか!貪欲。
争いすんで和解する一人と一機。心の友発言はありがとうございますの一言。

ちょっとエッチなヤッターネタとか後半はギャグのオンパレードでよかった。
「はいはーい。ぽちっとな。」未有の胸を指でぷにっとする鳩ねぇ。
「あぁーん。」あえぐ未有。
「なーにやってんだよ、このスカポンタン!さっさとやらないとおしおきだよ!」
「アラホラサッサ~。」
ジャイアンデニーロの中の人、自由だな。

シューティングゲームはデス様w
「音楽はいいんだけどねぇ。」
「ああ、ムササビ~。」
「じゃまだーい!」
「ああ、ライフが10減った~。」
「おっ、このムササビ、敵か味方か~。」
「見分けつかないよ~。」
「せっかくだからあの赤い扉を選びなさい。」
「愛すべきゲームだよね。」

まさかデス様を契機に物語があんなシリアスモードに移ろうとは。
やはりデス様は愛すべきゲームだ、やったことないけどw

未有の態度にグレたのではと想像する面々。

①夢の妄想
頭の上の蝿を追い払えない姿にワロタ。

②ベニス
「貴様らーよく私のライブに集まったー!」
「うおー未有さんだ!」
「今日もスゲーツインテールだー!」
「まずは一曲目、『デスツインテール』くれてやるわぁ!ツイン×∞」
「出たー未有さんの2秒に10回ツイン発言だー!」
「まるで俺がツインテールになったみたいだー!」
「次は『IQ240(ツーフォーティー)』いくぜっ!」
「出たー!未有さんの十八番IQ240!」
「続きはCDで。…みたいな。」
ちょ、ファンの中にクラウザーさんがいらっしゃるw
このCDめちゃくちゃほしい。

結局未有の夢は語られるが、働かない理由が語られなかったよね。
「働いたら負けかなと思ってる」はダウト!
原作未プレイ者はPS2版でってこととみた。

君が主で執事が俺でオフィシャルファンブック (ツインテールブックス)
君が主で執事が俺でオフィシャルファンブック (ツインテールブックス)

テーマ : 君が主で執事が俺で - ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 第21話 「滅びの道」

王大人(ワンターレン)死亡確認!
絹江の死亡が確定した。
沙慈涙目、ではなくて号泣。

新しく配備された擬似太陽路搭載機GN-Xが猛攻をみせた回。
新登場の機体は補正がかかるのはお決まり。
全30機のGN-X部隊。

10機はトリニティに襲撃をかけ、19機はプトレマイオスに。
1機は解析中?

勝利の美酒という言葉が気に入った模様のピーリス。
「再び、勝利の美酒を・・・。」
そこへGNハイメガランチャーの迎撃が待っていた。虎の子のGN-X1機撃墜。
スローネも初登場時はやたら強かったのに・・・。逃げるので精一杯。
ラグナ・ハーベイの使い捨てぶりに驚いた。

一方のプトレマイオスは19機のGN-Xを4機のガンダムで迎え撃った。
部隊はユニオンとAEUの選抜部隊。ダリルはフラッグを降り参加、グラハムは加わらなかった。
模擬戦では負け知らずの彼、パトリック・コーラサワーも部隊に参加。
「同性能の機体なら、模擬戦で負けなしの俺に分があるんだよ!」と決め台詞。
赤い人の「機体の性能差が、戦力の決定的差(以下略)」に比べると(´・ω・`)ショボーン

さて、ソレスタル・ビーイングのコアであるヴェーダはアレハンドロとリボンズに掌握されつつあった。
GN-Xとの戦闘中にヴェーダのバックアップを断たれ、ガンダムの機能が停止する。
出た、トライアルシステム。
ここで、スメラギのマジックカード発動!
予備システムへの切り替えでヴァーチェを除くガンダムが再起動。
動けないデカブツに「大佐のキッスはいただきダー☆」と突っ込むコーラサワー。
ヴァーチェをかばいコーラサワーに貫かれるデュナメスのシーンはなんか嫌だった。
コーラサワーが活躍するのは(#^ω^)ピキピキ
ラッセとか言う雑魚が乗るGNアームズにやられてしまえばよかったのに。
このGNアームズも初回登場補正がバリバリかかってるとみた。

このトライアルシステム時のマイスターが対照的で印象的だった。
初期に大活躍していたアレルヤとティエリアがヘタレすぎ。
ロックオンと刹那がやたら頼もしく見えた。

一応刹那はヘンリーが乗っていたGN-Xを撃墜。
ラッセも一機GN-Xを撃墜。
これで国連所有の擬似太陽路は27基。
量産化はなるのか?

「私は欲深い男でね。地球とソレスタル・ビーイング、どちらも手に入れたいのだよ。」
黒幕の彼、すごい勢いで欲望を曝け出してる。
ラグナも彼の一言でやられてしまったみたいだし。

機動戦士ガンダムダブルオーオフィシャルファイル vol.3―OFFICIAL FILE MAGAZINE (3)


テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

ロザリオとバンパイア 第09話 「夏休みとバンパイア」

季節感無視の水着回。
あれ?少し前にも水泳部で水着やらなかったっけ?
まあ、水着で活躍してたのは二人だけだったか。

月音が人間じゃないかといかという前半のやりとりは滑稽。
いや、萌香以外の妖怪さんたちはしらないんだっけ。

水着の種類はよくわからないけど色は胡夢だけが自分色。
夜萌香:白
乃胡夢:黒
仙童:オレンジ
雪みぞれ:紫の縞々
あ、月音は青の海パンだけど…どーでもいいやw

萌香が水に入れないという設定が守られていたのにはむしろ驚いた。
ロザリオとバンパイアなら設定など無視するものだと思っていたから。

で、もう一人の魔女橙条瑠妃が初登場。
ひまわり畑から覗く瞳が不気味すぎな彼女。
紫を愛でていたデレモードから月音を発見したときのツンモードの差が激しすぎ。
周りはひまわりが咲き乱れているのに百合のイメージが脳裏に浮かぶのは仕様です。

9枚の黒い翼を生やし、召還した魔界のオジギソウで月音を襲おうとするも紫のど根性で一度は撃退する。
「今週の決着~って、今日は萌香さんが変身しなかったでちゅー」
こうもりのひいき自重w

悠長にラブシーンなんぞかましていたら瑠妃の攻撃にあい、月音負傷。
いや、あの出血量なら死んでもおかしくないのでは?
ロザリオが外れてないのに変身する萌香、目がイッちゃってるみぞれ、そして前の二人に比べると切れ方が地味だけどパンモロをする胡夢。
これだけはわかる、たとえ血をどんなに失っても死なない。
それがロザリオクオリティー。

ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(5)

テーマ : ロザリオとバンパイア - ジャンル : アニメ・コミック

灼眼のシャナII 第20話 「茜色の死闘」

頼れるお姉さんヴィルヘルミナの回。
“壊刃”サブラク相手に頭脳戦を展開。
サブラク強すぎね?

津波みたいに溢れる炎。
無数の剣。
傷を広げる自在法。
察知不能の不意打ち。
大規模な攻撃は始めの一回限り。
目の前の敵と交戦するのみ。
異常なまでの耐久力。

正攻法ではまず倒せそうに無いみたい。
幻術の可能性はないということなので今戦ってるのは分身で悠二の向かう先に本体がいるとか?

無口かと思っていたら結構おしゃべりなサブラク。
おしゃべりというか独り言というか微妙だけど。
「狭隘地を戦場に選ぶ行為は俺にとっては何ら脅威にならない。仮にも万条の仕手たるものが飛び込むべき死地ではあるまい。とは言え、このままみすみす逃すわけにもいかん。はっ、いかん。なんたる不覚。」には吹いた。
殺し屋だけど意外におちゃめなキャラクター?

シャナもマージョリーもスティグマにより負傷していて参戦してないが、一番深手なのはヴィルヘルミナなんじゃないかと思うワタクシ。
はやくフィレスを召還してあげてください吉田さん。
灼眼のシャナII 第II巻 [DVD]

テーマ : 灼眼のシャナ? - ジャンル : アニメ・コミック

H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 第09話 「穂積」

エッチでヒゲなおじ様こと穂積輝夫が特に大活躍しなかった回。
見所はゴンドラ大炎上。
おおっと、はやみが穂積家にころがりこんだーーー!

村の子供達(といっても18歳以上の設定なのだろうけど)ははやみのことを受け入れつつあったが、大人の中には小日向家という括りでしか捉えようとしないため未だに村八分な姿勢を崩さない人たちがいた。
ゆいの取り巻きの男たちの父親と思われるのがそれで今回はやみの住むゴンドラを焼き討ちした。
火柱を上げ燃え上がるゴンドラ。まさに大炎上。

そうして住むところを失ったはやみを受け入れたのが穂積家ではあるが、おじさんは小日向家をどう思っているのかはついぞ語られないまま。
村の集まりでもおじさんは発言しないし、すこし期待ハズレ。
一方で村長の発言の方が意外。
何故その発言に至るのかという経緯が全く描かれていないように思うのだけど、あったっけ?
ダホマのときはK-1の活躍がきっかけになった様子が描かれてたでしょ(一応注:ひぐらし)

琢磨の過去に触れ、ショックを受けるはやみ。
琢磨の心に触れられない自分に涙するほたる。
「心は、伝わっていますよ・・・」と仮面で表情を覆うほたるの姿が切ない。
今夜月の見える丘にて君を待つという伝言を受け走るはやみ。
村長の横を通ったときに村長がつぶやいた因果応報とはだれに向けられたものなのか。

丘の上で、告白する琢磨。
「僕、好きとか告白とかよくわからないけど、傍にいて欲しい。もっと僕のこと知ってほしいって。だめかな?」
そして受け入れるはやみ。
「いいよ・・・。」
満月を背景に口付けをする二人。綺麗な終わり方だった。

今回を振り返ってみるとゆいちゃんがピエロすぎて哀れ。
「は、話があるなら後で校舎裏で聞くからちゃんと呼び出しなさいっ!」
もてあそばれた可哀想な子ってひでぇ。
「それにしても弘瀬の奴遅いわね。もう祭り当日だって言うのに。」
レゾンデートルであるツインテールまで解いたというのにこの扱い。
製作者の悪意にも似た好意を感じざるをえないw

H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-

テーマ : H2O - ジャンル : アニメ・コミック

CLANNAD -クラナド- 第19話 「新しい生活」

ついに演劇部が承認される。
冒頭、春原が自分の功績を讃えよという場面があったが、本人が主張するように確かに功績が結構あるように思えるが普段の行いがたたり誰にも正面きってほめられることがない。
春原、男の中の男よ・・・。

効果音「戦慄」だけで一人芝居をやってくれたのは感動。
「え?渚ちゃん何?岡崎より僕の方が好きだってぇ!?」(戦慄)
「そうか分かった・・・誰も来ない森の奥で二人で暮らそう。手を取り合って夜露に濡れた森を走る二人。しかーし!振り返るとそこには怒り狂った岡崎がぁっ!!」(戦慄)
「さらに前を向くと、牙を剥き出しにした杏と智代の最悪コンビがぁっ!!!」(戦慄+殴打)
青タンをこしらえつつも立派に演じきった春原の雄姿を讃えたい。

やっぱクラナドといえば春原。
今回も非常に面白い春原でした

-完-
CLANNAD FULL VOICE

続きを読む »

テーマ : CLANNAD - ジャンル : アニメ・コミック

狼と香辛料 第09話 「狼と羊使いの子羊」

新キャラクター、ノーラ・アレント登場。
ホロをして優秀といわせしめる腕前を持つ羊飼い。
度胸も据わっているようで、騎士ですら怖気づくという不気味な森(ロレンス談)も全然関係ねぇらしい。
ちょっと薄幸そうな雰囲気を醸し出している少女。
街の人々からはかなり敬遠されているみたいだけど、さてなにをしたのか。
ただの噂だけでああなるとは考えにくい気が。

狼に対する羊飼いの護衛にビジネスチャンスを感じ雇用をしたロレンス。
一方で不機嫌なホロ。
夕日が沈む前に眠りについたノーラを横目に痴話喧嘩。
そんな中飛び出したロレンスの切り札。
「いきなり一目ぼれされちゃ、徐々に好かれるという楽しみが無くてつまらん。」
流れ星がキラーン。
あれは笑うでしょう。流れ星ミ☆

あとギアス的なものを感じざるを得なかったシーン。
「いや、その金で桃のハチミツ漬けじゃ。」
「さて、急がなければ。」
「こらヌシ、無視するでない。」
「売ってなかったら諦めろよ。無い確率のほうが高いんだからな。」
「わかっておる。」
「無くてもムッとするなよ。」
「それはする。」
「だからっ・・・」
最後の一言が、すごく・・・フラッシュバックです。

リュビンハイゲンに武具を持ち込むロレンスに対する役人の態度が気になる。
ホロの解釈とは全く違う展開の予感。
傭兵団の南下になんか関係してるのか?
最後のシーンで悪そうな奴はでてくるし、トラブルの前フリをしているのも今後の波乱を予感させる。

トラブルの前フリ。
「騎士や傭兵連中とだけは絶対もめるなよ。面倒なことになる。」
「まかせときんす~。」
この任せろってのが揉め事を絶対に起こすよって聞こえたw

ホロのセリフ回しは相変らずいいね。
「ところでヌシ、商館とは何ぞや?」
「何じゃ、わっちをつれて同郷のものに自慢するんじゃないのかや?」
ストーリーの展開も楽しみだけどホロのセリフ回しもこのアニメの楽しみ。

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産)

テーマ : 狼と香辛料 - ジャンル : アニメ・コミック

| TOP |

プロフィール

七崎ゾロ

Author:七崎ゾロ
アニメとゲームが大好き。
でも隠れオタク。
なんかいいのがあったら教えてちょ。
リンクフリー。
コンタクトはお気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

(PS2)君ある応援コーナー

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。