スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナII 第18話 「錯綜の悠二」

鍛錬に打ち込む悠二。
本来の持ち味であるやさしさを忘れ修羅道を行く。
視野狭窄に陥っている悠二にシャナもマージョリーも吉田も違和感を感じていた。

シ「私、今の悠二とは一緒に行きたくない。」
マ「少し頭を冷やしなさい。」
吉「私の坂井くんへの気持ちに、悪いとか・・・謝って欲しくなんかないです!」

女性陣からの否定に「やっと本当の自分ってものが分かったんだ。」と一人ごちる悠二。
はたからみてまさに錯綜の悠二。どないせーと。

マージョリーのおかげでブルートザオガーがお札になって持ち運びやすくなった。
シャナのマントじゃとっさのときに不便だと思っていたら、そう来たか。

大剣と自在法・銀炎弾が使えるようになり着実に力をつける悠二。
だけど、焦りすぎは否めない。
“聚散の丁”ザロービの接近に気付けずラスト5体の変態に囲まれた。
悠二が一人で戦えるのか、果てさて。

“吼号呀”ビフロンスというなんか強そうな敵まで冒頭にあらわれて、あのほのぼのした灼眼のシャナⅡは完全にどこかへいってしまった。
メロンパンネタとか段取りメガネ池速人とかもう扱いがおざなりで・・・。
漢方薬を煎じるヴィルヘルミナの天然だけが最後の砦であります!禿藁。

灼眼のシャナII オリジナルサウンドトラック

テーマ : 灼眼のシャナⅡ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第18話 「錯綜の悠二」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 悠二が「封絶」で見せた“銀”の炎。それは共に戦ってきたフレイムヘイズだけでなく「紅世の王」たちにも大きなショックを与えた。誰も知らない“銀”の正体とは。何故その力が悠二の中にあるのか。答えの見つからない疑問と疑惑


| TOP |

プロフィール

七崎ゾロ

Author:七崎ゾロ
アニメとゲームが大好き。
でも隠れオタク。
なんかいいのがあったら教えてちょ。
リンクフリー。
コンタクトはお気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

(PS2)君ある応援コーナー

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。