スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料 第08話 「狼と正しき天秤」

酒場にてリュビンハイゲンへ向かう新しい迂回路に狼を操る魔術師が現れるという噂。
「魔術師が女でないことを祈るばかりじゃのう。」
「ヌシは女に騙されやすいからじゃ。そして痛手も引きずりやすい。」
これっていわゆるマエフリってやつでしょw

営業時間の短い酒場にけしからんとプリプリするホロ。
リュビンハイゲンの露天商の話からフルーツのはちみつ漬けの話へ。
話が進むにつれ、耳が立ち、尻尾が立ち、よだれがたれるホロ。
スイーツへの異常な執着心。この狼、雑食。
「桃とはちみつじゃぞ、信じられぬ・・・とても信じられぬ。」
「けど、梨も捨てがたいの。」
頭の中が果樹園になっているようだ。

そして、胡椒の取引へ。
商談前の宗教話にうつらうつらするロレンス。
取引に使う天秤については「私は神を信じてます。」と敬虔な信徒である相手への牽制。
しかし、居眠りをこいた天罰のつもりなのか相手は一つインチキを。
ロレンスはとりあえず神を信じてるフリでOKだと思っていたみたいだが相手も商人、油断は命取り。
そのインチキを見破ったのがホロだった。
酔ったフリをしてテーブルに水を零すホロ。
テーブルの上を勢い良く一方向に流れていく水。
高きから低きへ流れるのが世の理。
故にその机は傾きという欠陥をもっていることが分かった。
初めから分銅を載せるほうを低くしておけばその傾き分の分銅が節約できるわけで。

ホロのサポートによってインチキを見破ったところでロレンスが追い討ち。
インチキに目を瞑る代わりに相手の利益を上乗せした銀貨とその2倍の額の信用買いを要求。
高級武具を大量に仕入れた。

宿で尻尾の手入れに油を「買ってくりゃれ」と迫るホロ。
3「買ってくりゃれ」でロレンス陥落。尻尾を振るの反則。

いざリュビンハイゲンへ。というところで傭兵団の南下の情報を得る。
強盗団と変わりない傭兵団を避けるために新しくできた迂回路に。
そこで羊飼いの少女と出逢う。
おそらくこの少女が噂の魔術師。
「わっちの嫌いな人間じゃ。」というホロ。狼が苦手とする何かを持っているのだろう。
手に持ってる鈴のついた杖が狼を操るものか?
目深のフードを上げると金髪美少女がこんにちは。
驚きすぎのロレンスと自らマエフリまでしたのに嫉妬で膨れるホロ。
ロレンスがどう騙されてどう痛手を引きずるのかに注目。

狼と香辛料〈2〉 (電撃文庫)

テーマ : 狼と香辛料 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


アニメ【狼と香辛料】第8話。

『狼と香辛料』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第8話 『狼と正しき天秤』。 ストーリーは…


(アニメ感想) 狼と香辛料 第8話 「狼と正しき天秤」

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) ミローネ商会から報酬として受け取った胡椒を手に、ポロソンの町に入るロレンスとホロ。早速、ロレンスは胡椒を換金する為にラトペアロン商会を訪ねる。胡椒の需要が伸びている状況も手伝って、主人との価格交渉を順...


| TOP |

プロフィール

七崎ゾロ

Author:七崎ゾロ
アニメとゲームが大好き。
でも隠れオタク。
なんかいいのがあったら教えてちょ。
リンクフリー。
コンタクトはお気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

(PS2)君ある応援コーナー

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。