スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 第21話 「滅びの道」

王大人(ワンターレン)死亡確認!
絹江の死亡が確定した。
沙慈涙目、ではなくて号泣。

新しく配備された擬似太陽路搭載機GN-Xが猛攻をみせた回。
新登場の機体は補正がかかるのはお決まり。
全30機のGN-X部隊。

10機はトリニティに襲撃をかけ、19機はプトレマイオスに。
1機は解析中?

勝利の美酒という言葉が気に入った模様のピーリス。
「再び、勝利の美酒を・・・。」
そこへGNハイメガランチャーの迎撃が待っていた。虎の子のGN-X1機撃墜。
スローネも初登場時はやたら強かったのに・・・。逃げるので精一杯。
ラグナ・ハーベイの使い捨てぶりに驚いた。

一方のプトレマイオスは19機のGN-Xを4機のガンダムで迎え撃った。
部隊はユニオンとAEUの選抜部隊。ダリルはフラッグを降り参加、グラハムは加わらなかった。
模擬戦では負け知らずの彼、パトリック・コーラサワーも部隊に参加。
「同性能の機体なら、模擬戦で負けなしの俺に分があるんだよ!」と決め台詞。
赤い人の「機体の性能差が、戦力の決定的差(以下略)」に比べると(´・ω・`)ショボーン

さて、ソレスタル・ビーイングのコアであるヴェーダはアレハンドロとリボンズに掌握されつつあった。
GN-Xとの戦闘中にヴェーダのバックアップを断たれ、ガンダムの機能が停止する。
出た、トライアルシステム。
ここで、スメラギのマジックカード発動!
予備システムへの切り替えでヴァーチェを除くガンダムが再起動。
動けないデカブツに「大佐のキッスはいただきダー☆」と突っ込むコーラサワー。
ヴァーチェをかばいコーラサワーに貫かれるデュナメスのシーンはなんか嫌だった。
コーラサワーが活躍するのは(#^ω^)ピキピキ
ラッセとか言う雑魚が乗るGNアームズにやられてしまえばよかったのに。
このGNアームズも初回登場補正がバリバリかかってるとみた。

このトライアルシステム時のマイスターが対照的で印象的だった。
初期に大活躍していたアレルヤとティエリアがヘタレすぎ。
ロックオンと刹那がやたら頼もしく見えた。

一応刹那はヘンリーが乗っていたGN-Xを撃墜。
ラッセも一機GN-Xを撃墜。
これで国連所有の擬似太陽路は27基。
量産化はなるのか?

「私は欲深い男でね。地球とソレスタル・ビーイング、どちらも手に入れたいのだよ。」
黒幕の彼、すごい勢いで欲望を曝け出してる。
ラグナも彼の一言でやられてしまったみたいだし。

機動戦士ガンダムダブルオーオフィシャルファイル vol.3―OFFICIAL FILE MAGAZINE (3)


テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| TOP |

プロフィール

七崎ゾロ

Author:七崎ゾロ
アニメとゲームが大好き。
でも隠れオタク。
なんかいいのがあったら教えてちょ。
リンクフリー。
コンタクトはお気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

(PS2)君ある応援コーナー

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。